犬にまつわることわざ~日本編~

みなさん、こんにちは。
ワンワンズより、面白い記事を見つけましたので紹介します!
昔から、犬と人は仲良くも悪くも近い存在だったことがわかります。
ことわざを改めて読むと、犬を見て人も学ばなければならないと言っているような気がします。
なぜなら犬は人間なんかより数百倍もコミュニケーション能力にたけているからです(笑)
皆さんよくご存知のことわざが出てきます。面白いです。
以下~wanwansより~

鋭い風刺や教訓、知識を含んだ「ことわざ」。
そんな日本の風情を感じることわざですが、世代から世代へと言い伝えられ、妙な説得力を持って今も、語り継がれていますよね。

そんなことわざの中で、今回は「犬」にキーワードを絞り、日本の代表的なものや、世界のことわざをいくつか紹介したいと思います。

まずは、日本の犬のことわざを見ていきましょう。

★犬も歩けば棒に当たる

→でしゃばると思わぬ災難に遭うという戒め。また、じっとしていないで何でもいいからやってみれば、思わぬ幸運に出会うことのたとえ。

このことわざは、「江戸いろはかるた」の第一句です。犬も歩けば棒に会う、とも言われます。

★犬猿の仲

→非常に仲が悪いことのたとえ。

水と油、に似たことわざです。たとえとして、よく使われることわざのひとつですよね。ですがこれ、面白いのが、実際に犬と猿も小さい頃から一緒育てたり遊ばせると、ことわざとは逆に「仲良し」になるそうな。
私とあの人も小さい頃から遊んでいたら……!?いや~、ないか(笑)

★噛み合う犬は呼び難し

→夢中で噛み合って喧嘩している犬は、いくら呼んでも来ない。
そこから、自分のことで夢中になっている人は、他から何を言われてもまったく耳に入らないものだというたとえ。

本当に、その通りです。いやはや、私も気をつけなくては。

★夫婦喧嘩は犬も食わぬ

→夫婦喧嘩は放っておいてもそのうちに納まるものであり、他人がいちいち口を出すことではないということ。口を出すことと、犬が何でも口にすることをかけたしゃれ言葉。

夫婦喧嘩はくだらないものだ、という意味ではないのでご注意を。

★吠ゆる犬は打たるる

→じゃれつく犬は打たれないが、吠えつく犬は打たれる。つまり人間でも、慕ってくる者は可愛がられるが、手向かう者は憎まれるということ。

★犬は三日の恩を三年忘れず

→犬はわずかな期間(三日)でも、良くしてもらった恩は長い期間(三年)忘れない。
人であれば、なおさら恩義を忘れてはならないという戒め。恩をあだで返す人間になってはいけませんね。

★飼い犬に手を噛まれる

→普段から可愛がって面倒を見ていた者や信用していた者から、裏切られたり害を加えられたりすることのたとえ。

もしかすると自分の今までのやり方や、考え方が間違っていたかもしれない、と反省させるためのことわざなのかもしれません。先人の言う事には何かしらの意味があるものですからね。


1日ワンクリックで応援お願いします🎵

投稿日時:2017年8月10日

このページの上部へ戻る