犬の嗅覚って人間の何倍?

犬の嗅覚が人間より優れているのは周知のこと。
うちの老犬も、昔の若かりし頃は、気を使って離れて食べ物を食べては気付かれ、しつこくつきまとわれたものです(笑)

~以下わんちゃんホンポより~

犬の嗅覚の鋭さは証明されているの?

嗅覚はいつから発達するの?

犬の嗅覚は生まれたと同時に機能しているそうです。
ということは、成長に応じてそれだけ発達していくということですね!

全てのものの匂いをかぎ分けることができるの?

犬は、自分が生きていくために必要とされるものの匂いにはとても敏感だそうです。
例えば、人間の匂いや、動物の匂い、もちろん食べ物の匂いなどにも敏感ですが、一般的に人工的に作られたものの匂いなどには鈍感だと言われています。
(だから、こっそり食べていてもばれちゃうのでしょうか。)

人間の鼻と犬の鼻の違いとは?

犬の鼻には鼻腔に匂いの細胞が多数あり、それが匂いを探知してすぐ脳に届け、脳が匂いの分析を即座に始めるシステムになっているのです。
また、人間の鼻内では退化してしまった”ヤコブソン器官”というものがあり、実質的な匂いを持っていない物質をかぎ分けることもできるようです。

犬の嗅覚は人間の100倍?

違います。
犬種によっても異なるようですが、100万倍~1億倍といわれているそうです。
100倍でも驚いていたのですが、実際の数字を見るとさらにびっくり。。。

実際どのくらい遠い距離まで匂いを把握することができているの

そこまで、嗅覚が発達しているとなると、タイトルで定義した通り、一体どのくらい距離が離れていても匂いを感じることができるのか、とても疑問に感じます。

距離にすると結局どのくらい、優れているの?

よく、テレビなどでも、警察犬や麻薬犬の特集などを見る機会がありますよね。
犯人を追っているシーン。どのくらい先にいる犯人を見つけられるのかと勘違いしてしまうのですが、実は距離では表すことができないのです。
犬は人間の100万倍の嗅覚をもっている=人間より100万倍強く濃く匂いを感じているということではないのです。
イヌ達は、逆にその匂いが100万分の1の匂いになってもかぎ分けることができる嗅覚を持っているのです。
人間には感じ取ることができないほどの匂いもかぎ分けられるのだそうです。

鼻の長い犬種と短い犬種で嗅覚に差はあるの?

鼻の長い犬種のほうが、嗅覚は鋭いようです。
というのも、前述の鼻腔の中にある匂いの細胞が長い鼻の鼻腔のほうがスペースが広く多数存在しているからだそうです。シーズーやパグなどの鼻の短い犬種にはそのスペースが少ないため、すこし劣るそうです。
~以上わんちゃんホンポより~

なるほどですね!
確かに人間の百万倍強く臭い(しかも強烈な)を感じていたら、頭がおかしくなってしまいますね(笑)
だけど人間の百万倍の嗅覚だからこそ、語り継がれてきた数々の感動的な忠犬物語があるのかもしれません。
ちなみにうちの老犬、つい1年前までは、夕食時には即飛んできて、おかずくれくれ攻撃だったのに、認知症の今では、全く興味なしで、自分のご飯食べたら即快便快尿で寝る❗
うらやましすぎます(笑)
匂いもあまり感じなくなった今も、大好きな犬用牛乳だけはすごく楽しみにしています。


1日ワンクリックで応援お願いします🎵

投稿日時:2017年8月24日

このページの上部へ戻る