年末年始に起こりやすい犬の誤食6つ

こんばんは。
もうすぐクリスマス、クリスマスが終わったらすぐ大晦日、お正月ですね。
本当に楽しいイベントが目白押しですね♪
きっとそんな楽しいイベントを愛犬と共に過ごそうと思われている方も多いことと思います。

そこで今の時期、気を付けるべき愛犬の誤飲の記事を見つけましたので掲載します。
~以下はわんちゃんホンポより~

1.ツリーのオーナメント

クリスマスの雰囲気を盛り上げるために、室内にクリスマスツリーを飾るという家も多いかと思います。家の中にふだんと違うものが出現すると、わんこは興味津々。
ツリーの匂いをクンクンと嗅ぎ回るようすは、微笑ましくもありますよね。

そんなときに注意してほしいのが、ツリーのオーナメントの誤食です。
球体のオーナメントはボールのおもちゃのように見えるため、思わず飛びついてしまうわんこもいます。
ガラス製のオーナメントなど壊れやすい素材の場合、そのまま誤食してしまう可能性も否めません。

2.チキンの骨

クリスマスの食卓を飾るごちそうといえば、チキンは欠かせませんよね。
わんこもチキンは大好物。
飼い主さんの隙を狙って、つまみ食いしようとたくらんでいるかもしれません。
もちろん、チキンそのものにわんこに有害な成分は含まれていませんが、フライドチキンなどは味付けが濃く、油で揚げているため、わんこが食べるには好ましくありません。

また、最も注意したいのはチキンの骨です。
鶏の骨は裂けやすいため、そのまま食べてしまうと喉に突き刺さって怪我をする原因になります。チキンを食べた後に残った骨は、わんこの手が届くところに放置しないようにしましょう。

3.ケーキ

クリスマスの食卓のもう1つの主役は、クリスマスケーキですよね。
いろいろな種類のケーキがありますが、生クリームを使用した人間用のケーキはわんこには不向きです。
ごく少量のおすそ分け程度であれば、大きな問題にはなりませんが、今はわんこ用のケーキや、人間とわんこが一緒に食べられるケーキもたくさん市販されていますから、わんことケーキを楽しみたい場合には、それらを購入することをおすすめします。

ケーキに関わるもので注意したいのは、チョコレートでできたプレートや飾りなどの誤食です。
ご存じのように、チョコレートやココアには中毒成分が含まれており、わんこが口にすると最悪は死に至る危険性があります。
また、ケーキに挿すろうそくも誤食の危険があるものの1つです。
わんこが誤って口にすることのないよう注意しましょう。

4.お餅

鏡餅やお雑煮、お汁粉など、日本のお正月にお餅は欠かせません。
人間でも、小さな子どもやお年寄りがお餅を喉に詰まらせる事故が後を絶ちませんが、同様に、わんこがお餅を食べることにも大きな危険性があります。
わんこは一般的に食べ物をよく噛まず、丸飲みする性質があるため、お餅は喉につまる可能性があるのです。
また、喉につまるまでに至らなくても、お餅が上あごや歯に貼り付いてしまい、パニックになってしまうこともあります。

5.えび

お正月料理がたくさん詰まったおせちは、とても華やかで美味しいですよね。
おせちに入っている料理はそれぞれ縁起を担いでおり、えびは背中が曲がるまで長生きするという長寿のシンボルです。
そんなえびですが、わんこにとっては良い食材ではありません。
消化が良くないため、胃腸の調子を損なう恐れがあると同時に、硬い殻の部分やヒゲの部分を誤食してしまい、喉に詰まったり喉を傷つけたりする恐れがあるためです。

6.アルコール類

クリスマスのシャンパンや、お正月のお屠蘇など、イベントの多い年末年始には、アルコールを飲む機会も増えますよね。
ですが、わんこにアルコールは厳禁です。
少量のアルコールでも急性アルコール中毒を起こす恐れがあり、嘔吐・下痢や神経疾患、昏睡状態などを経て、最悪は死に至る可能性もあります。

まとめ

ケーキの項目でもご紹介したように、現在では、犬用ケーキやおせちなど、愛犬と年末年始を過ごすための商品が多く出回っています。
人間の食べものや異物の誤食にはしっかり注意をした上で、年末年始のイベントを満喫したいですね。

投稿日時:2018年12月22日

このページの上部へ戻る