犬が飼い主についてくる5つの理由

こんばんは。
うちの犬も気付けば、
いつもそばにいる、トイレにまで着いてくる、立ち上がるだけででかけることを悟られるなど、犬の勘はすごいものです。(笑)
ではなぜ犬はいつも着いてくるのでしょうか?
以下はわんちゃんほんぽより記事を見つけましたので掲載します。

家の中で移動するたびに愛犬がトコトコとついてくることってありますよね。なんでついてくるんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?実は、ついてくるのには理由があるんです。そして、問題行動という場合も…。そこで今回は、犬が飼い主についてくる理由をご紹介します。

1.動物の本能

犬は本能的にボスであるものについていきます。
飼い主のことをボスだと認識しているため、ついてくるのかもしれません。ついてくる以外にも、ボスと認めた人の隣に座ったりすることもあります。
しかし家族を放っておいて犬に構いすぎると、犬は自分が他の家族より上だと勘違いをしてしまいます。家族や他に兄弟犬がいる場合は、平等に接するようにしましょう。

2.分離不安症

犬にとって飼い主とは、離れるなんて考えられない存在です。
分離不安症の症状のひとつに、常に飼い主のあとをついてまわる行動があります。トイレやお風呂にもついてきて入りたがりドアを引っ掻いたりするのも分離不安症によるものかもしれません。
人が立ち上がったときに、寝ていた犬が反応して起き上がりついてくるのも分離不安症の行動のひとつと言われています。
これは異常な行動なので、早めに対処する必要があります。

分離不安症とは?
いつも飼い主と一緒にいる犬が、飼い主と離れひとりになってしまったときにパニックになったり、物を壊す、吠え続ける、排泄ミスをするなどの問題行動を起こすことを分離不安症と言います。
分離不安症は、本来なら母犬から離された時に起きるもので、子犬は母犬がいないと生きていけないため自然なことでしょう。成犬になるとそういった行動はなくなります。しかし、家庭で飼われている犬の中には飼い主と離れるときに、このような症状を引き起こすものもいます。
症状としては、

吠え続ける
物を壊す
排泄ミスをする
体を傷つける
などといったものがあります。見に覚えがある方もいるのではないでしょうか。
もしかすると分離不安症なのかもしれません。
分離不安症の兆候としては、

飼い主が帰ってきた時に激しく興奮する
常に飼い主について歩く
出かける準備を始めると落ち着きがなくなる
といったことがあげられます。
案外気づかないものばかりですよね。
そこまで酷くなくても、分離不安症一歩手前の犬も多いかと思います。

分離不安症になる理由
分離不安症になる大きな理由として、社会化不足があります。
子犬の頃から他の犬や人と接することがなかったり、あまり散歩をしていない場合、上手く飼い主離れができずに分離不安症になってしまいます。
過剰に可愛がり、過度に甘やかすことで飼い主へ依存していしまっている状態になっているのです。
また今まで分離不安症の症状がなかったのに急に症状が起きた場合は、犬が飼い主が居ない間にとても怖い思いをした可能性があります。

分離不安症の対処法
愛犬がかわいくて仕方がないのはわかりますが、過度に甘やかすことは犬のためにはなりません。
部屋に一緒にいるときにはある程度距離をとってみたり、犬が寝ているときには構わない、ついてきても無視する、など自立を促す行動をしましょう。
また、飼い主が帰宅したときに犬に真っ先に「ただいま!」「偉かったね!」と構うことも控えて下さい。帰宅してある程度落ち着いてから犬に声をかけて、褒めてあげましょう。興奮しているときはあえて無視するのがポイントです。
出かけるときも「いってきます」や「いい子にしててね」などという声はかけずに出かけてください。
また、独りでいる時間を少しずつ長くしていきましょう。徐々に慣らしていくことで1~3ヶ月で改善してくることが多いようです。

3.おやつがほしい

人についていったときにおやつを貰えた経験がある犬は、それを忘れずにいることもあります。
どこへついていっても、期待した目でおすわりをしていたり、おやつがあるほうをチラチラと見たりしてしたら、それはおやつがほしくてついていっている可能性が高いです。

4.トイレに行きたい

トイレのある場所が扉の向こう側だったり、階段の下だったりした場合には、自分でそこへ行けない犬もいます。
そういうときには目で合図をしてきたり、飼い主のあとをついて回ることがあります。トイレのしつけがよく出来ているしるしでもあるのですが、犬にとっては我慢しなければならずよくありません。
トイレの位置を少し変えてあげてください。もし、トイレを場所で覚えている場合には、少しずつ場所を変えていきましょう。

5.飼い主への愛情

犬が飼い主のことをとても好きな場合、後ろとついて歩くことがあります。
過度に甘やかしているわけでなく、問題行動もない場合、犬が飼い主にとても深い愛情を持っているのかもしれません。
飼い主と犬との関係がとても上手くいっている証なので、無理にどうこうする必要はありません。

まとめ

犬が飼い主についてあるく理由は問題行動である場合、トイレの問題、飼い主への愛情など様々です。
愛犬の普段の様子や、愛犬への接し方を一度よく考えてみましょう。
もし何も問題がなければ、犬はあなたのことをとても愛しているということです!これからも仲良く楽しく暮らしていけるといいですね。

投稿日時:2019年3月5日

このページの上部へ戻る