ドッグセラピーで犬が認知症を治療する!全国の事例紹介

こんにちは。
先日は久しぶりの大雨で、早々と消防も出て避難所もできたので、昨年の豪雨災害を思いだし、教訓とした行政の意識の高さを感じました。
何事もなく過ぎ、何よりでした。

さて、「介護のお仕事研究所」よりドッグセラピーに関する記事を見つけました。
改めて、私たちのやっていることは、間違っていないんだ、やらなければならないことなんだと再確認できました。

ドッグセラピーとは、動物介在療法(Animal Assisted Therapy)とも呼ばれるアニマルセラピーの一種。犬とのふれあいを通して、心身のリハビリテーション・治療を目的とした活動として、1970年代から欧米で広く普及し始めました。犬と関わることで脳が刺激され、記銘力向上や自発語の増加、情緒の安定などの効果が期待されています。

ドッグセラピーには、レクリエーションの一貫として行われる集団ドッグセラピーと、個別ドッグセラピーがあります。日本の介護施設で取り入れられているドッグセラピーは、集団ドッグセラピーが多いようですが、よりリハビリ効果が高いと言われているのは、個別セラピーの方。個別セラピーは、Aさんは「自立歩行の実現」、Bさんは「暴言の軽減」という具合に、一人ひとり目標を決め、効果を判定しながら進められます。時間は、1人あたり20~30分程度ほど。犬を撫でたり、エサをあげたりしながら、犬とのコミュニケーションをはかって症状改善を促します。

ドッグセラピー、認知症への効果は?
2002年から岡山県で活動する介護高齢者ドッグセラピー普及協会によると、介護施設に入所されている認知症高齢者に個別ドッグセラピーを行った結果、下記のような症状改善が見られたといいます。同協会のドッグセラピーでは、100件近くの症例で認知症の症状緩和が見られていると発表されており、下記ほそのうちのほんの一部です。

★症例1
普段は意欲低下の状態で呼びかけにも反応せず、表情もないYさん(86歳男性)。セラピードッグと対面したところ、頭を撫でたり足を揉んだりして可愛がる様子を見せた。発語は見られないものの、触りたいという意識は見られた。

★症例2
車椅子で生活していてほとんど喋ることもないTさん(91歳男性)。「おいで、おいで」の仕草を見せる。セラピードッグそれぞれの自己紹介ボードを見せると、「かわいいね。女の子か?」と気に入った様子をみせた。あやすように喋ったり、首輪を外してあげようとしたり、笑顔を見せた。

★症例3
「私はアホじゃ、どうなってもええ」と自分への否定的な言葉がでやすく、介護拒否も出やすいMさん(77歳女性)。セラピードッグと接すると「おりこうさん」とにこやかに犬を可愛がる様子を見せた。次第に「ダメじゃねえな」と前向きな発言も出るようになり、以前はしなかったあいさつをするように。

___

もちろん、人によって効果に差があるようですが、上記の症例からは、犬がもたらしてくれる“癒やし”以上の効果を実感します。同協会代表の生長医師によると、「犬との関わりあいの中から、高齢者に“この子を守ってあげたい”、“いたわってあげたい”といった自発的な使命感が生まれる」のだそう。また、別機関の研究では、ドッグセラピーを実施することで、ストレスに起因すると言われる唾液中の「アミラーゼ」の数値が下がったとの報告もなされています。

ご家族のための個別ドッグセラピーに関心のある方は、いつでもご相談ください。

投稿日時:2019年6月9日

このページの上部へ戻る