左右別々がコツ!犬の口のまわりのお手入れ方法とは?

こんばんは。
皆さんは犬のお口回りの汚れ、臭いにお悩みではありませんか?
特にお口回りの毛の長いわんちゃんなら毎食後のお手入れが大変ですよね?💦
以下は犬の気持ちNEWSより抜粋しましたので、ぜひ参考になさってみてください。

犬の口の周りは、食べ物や飲み物だけでなく、ヨダレなどの分泌物などでも汚れてしまいがちです。今回は、犬の口の周りのお手入れ方法です。きちんと拭き取って愛犬の口の周りを清潔に保ちましょう。
犬の口の周りを拭くタイミングは?

犬の口の周りを拭くタイミングは、食後や水を飲んだあとや、口のまわりの汚れ、濡れているのに気づいたとき。ただし、「ヨダレやけ」がある場合は、一日に何度も拭く必要があります。
口の周りを拭くときに使用するもの
・コットン
水などで湿らせて使います。細かい場所を拭くのに便利。

・濡らして絞ったタオル
タオルを濡らし、毛が湿らないように固く絞ります。

・犬用ウエットシート
部分拭きに使いやすい大きさで、適度に濡れているため汚れが落ちやすいといえます。
口の拭き方の手順をご紹介♪

1.鼻側から口角に向かって拭く(左右それぞれ)

まずは犬を後ろ側から支えるように抑え、鼻側から口角に向かって優しく拭きます。ウエットシートを滑らせるように、左右それぞれを片側ずつおこないます。

2.固まった汚れは押さえてふやかす

食事のときの汚れなどは、時間がたつと固まってしまいがち。固まった汚れは、よく湿らせたウエットシートを使って、上から押さえてふやかしてから拭き取りましょう。ゴシゴシ擦ってしまうと嫌がってしまうことがあるので注意が必要です。

3.あごの下も忘れずに

あごの下は飼い主さんから見えにくい場所ですが、汚れが付きやすい部分です。あごから首に向かって、ウエットシートを滑らせるように拭いていきましょう。拭き忘れが多いので、念入りにおこないます。

4.口の上の部分は、口角から鼻に向かって拭く

口の上の部分は、鼻側から口角に向かって左右それぞれを優しく拭いていきます。愛犬の口の大きさに合わせてウエットシートを小さく折り畳んでから拭くと、やりやすいです。
犬が嫌がるNGな拭き方とは?

正面からウエットシートを広げて近づこうとすると、怖がってしまう犬もいます。また、ウエットシートを広げた状態で鼻をまたぐように雑に拭いてしまうと、不快で嫌がる場合も。鼻側から口角に向かって、左右それぞれ別々に拭くようにしましょう。
口のまわりの汚れをそのままにしてしまうと、ニオイや変色の原因となることがあるため、しっかりと拭き取ってあげることが大切です。
参考/「いぬのきもち」2019年1月号

♯アニマルセラピー
♯犬
♯しつけ教室

投稿日時:2019年7月17日

このページの上部へ戻る