児童の要望で…セラピードッグを飼った小学校の幸せな変化

みなさん、こんにちは。
さすがに冬至も近づいてくると、寒さも日々増してきましたね🎵
インフルエンザも流行っていますので、手洗い、うがいを忘れずに、元気でクリスマスとお正月を過ごしましょうね❤️

さて、先日Y❗️ニュースで、セラピードッグを飼った小学校のニュースが出ていましたので、シェアさせていただきます🎵

【もぎたて海外仰天ニュース】

 人の心を癒やすための訓練を受けた犬=セラピードッグ。児童たちの強い要望を受け、セラピードッグを飼い始めた米国の小学校が話題になっている。

 米ニュースサイトGNN(12月10日付)などによると、この小学校はミシガン州マスキーゴン郡の「リースパッファー・エレメンタリー・スクール」。

 2018年、同校の1年生の児童数人が、カリン・ベナー校長に宛てて、「セラピードッグを学校で飼って!」とお願いする作文を書いた。セラピードッグを飼う利点をうまくまとめた作文に心を動かされたベナー校長は、地元の動物愛護団体の施設をチェックし始めた。

 子どもたちのアレルギーの原因にならず、しつけが良く、物静かで、基本的に子どもが好きな犬。それがベナー校長の条件だった。

 マスキーゴン郡の「動物愛護レスキュー」で「バディー」という名前の犬を見つけた時、ベナー校長は「この子はうちの学校に完璧だ」と感じた。そしてバディーを飼い始めたことで、学校は劇的に変わったという。例えば、多動性障害の児童を教師がコントロールできなくなったときなど、バディーがやって来ると、ほんの数分で児童の気持ちと行動が落ち着くようになったそうだ。

 ベナー校長はこう言う。

「しょんぼりとした子がいると、バディーは本能的にその子のそばに行きます。隣に座ったり、おもちゃを持って行ったりするんです。本能的に他者が何を必要としているか、感じ取ることができるんですね」

 同校の児童の約4割が問題の多い家庭や低所得の家庭の子どもで、こうした子どもたちに対処するために特別チームを編成している。バディーはそのチームに不可欠なメンバーになったという。

 ベナー校長はこうした出来事をエッセーにまとめ、動物愛護基金「ペトコ・ファンデーション」主催の作文コンテストに出した。それを受けて、基金はバディーを収容していた「動物愛護レスキュー」の活動を高く評価し、10万ドル(約1100万円)の賞金を与えることにしたという。

投稿日時:2019年12月14日

このページの上部へ戻る