新着情報・お知らせ

愛犬の安楽死について考える

こんばんは。

突然ですが、もし皆さんの愛犬が重い病や事故に合ってしまい、投薬も効かず、手術もできず、見てるのが可愛そうなくらい、辛そうな状況になった時、あなたならどうしますか?😣

「安楽死なんてとんでもない❗️」
「治療を諦めて見放すなんて家族じゃない❗️」
と、思われるでしょうか?
実は私も何も知らない頃はそう思っていました。

ですが今はそうは思いません。
なぜなら獣医さんが「安楽死」を提案される時は、投薬では取り除くことのできない激しい痛み、けいれん発作、呼吸困難でとても苦しんでいる状況の時なんだそうです。
愛犬にとっては、生きていることが辛くて仕方ないのです。
そして「安楽死」とは、犬が苦しみを感じないようあらかじめ意識を無くす薬を投与し、その後心臓の機能を止める薬を投与して速やかに死を迎えさせる一連の処置のことを指し、決して愛犬が苦しむことはなく、眠ったまま死を迎えられるのだそうです。

できるだけ愛犬との時間を「長くいたい」と思うのは当然ですが、愛犬のためにあえて「別れる勇気」を持つことも大切なんだなと思いました。
大切な命だからこそ、「今までの感謝」を想いながら楽に、天国へ旅立っていってほしいと思いました。

2019年12月9日

犬の人気名前ランキング2019

いぬのきもちアプリの「犬の名前ランキング2019」発表によると、
女の子名前ランキング1位は、2年連続「ココ」ちゃん。
理由は、「ココア色から」「響きが可愛いから🎵」「心から連想」だそうです。

2位は「クウ」、3位「モカ」、4位「モコ」、5位「モモ」。
我らがモモちゃんもランクイン‼️

ちなみに男の子は、1位「コタロウ」、2位「レオ」、3位「ソラ」、4位「クウ」、5位「マル」だそうです。
それぞれ可愛いですね❤️

ちなみに女の子の名前で食べ物の「ムギ」「コムギ」「きなこ」がベスト10にランクインしているのは、食べ物の名前をつけると「長生きする」のだそうです🎵

皆さん、可愛い名前を通して、愛犬との絆を深めておられるのですね🎵

2019年12月6日

ISIS指導者を追い詰めた軍用犬「コナン」、ホワイトハウス訪問へ

こんにちは。
人間よりすごい身体能力を持つ犬。
これまでもたくさんの「働く犬」を知ってきました。
今回の軍用犬コナンも、「ホワイトハウス」に招待された英雄犬です。
引用元 CNN.CO.JP

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は31日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の最高指導者バグダディ容疑者を追い詰めるのに一役買った軍用犬の名前を「コナン」と発表し、近くホワイトハウスを訪れる予定だと明らかにした。

急襲作戦で負傷した軍用犬の名前はこれまで非公開だったが、トランプ氏がこの日、機密指定を解除した。犬種はベルジアン・マリノアで、来週中東を離れてホワイトハウスを訪問するという。

トランプ氏は30日、インターネットメディア「デイリー・ワイヤー」が作成した合成写真をツイッターで共有した。

そこにはコナンに名誉勲章を授ける自身の姿が写っており、トランプ氏は写真とあわせ「来週のどこかの時点で『生の』コナンが中東を離れてホワイトハウスに来るぞ!」とつづっている。

トランプ氏は27日にバグダディ容疑者殺害を発表した際、犬1匹が作戦に参加していたと説明。行き止まりのトンネルの中で容疑者を追いかけていて負傷したと明らかにした。

ミリー統合参謀本部議長も28日の記者会見でこの犬に触れ、「現時点では犬の名前を公表しない。まだ戦域内にいるためだ」としていた。

この時のミリー氏の説明によると、犬は「軽傷を負って全快しつつある」状態だが、既に調教師とともに任務に復帰したという。

2019年11月26日

24時間診療の動物病院特集❗️

おはようございます。
昨日世羅の今高野山へ紅葉を見に行ってきました🍁
もう散り始めていましたが、すごくきれいでした。
お時間あれば紅葉の季節以外にも足を伸ばしてみてください。
12月22日まで幻想的な冬の夜、「世羅高原キャンドルナイト」を金土日限定で開催しています。

さて、話は変わって今朝「スッキリ」で特集を見ました。
24時間診療の動物病院に密着した内容のものでした。

夜にトイプードルを抱きかかえて大急ぎでやって来られた飼い主様。何があったのでしょう。

何と原因は誤食。しかも胃の中にあったものはイシジク。あのおいしいイチジクです💦
イチジクに含まれているキシンとソラリンという成分は、人間には整腸、だけど犬にとっては腸で出血したり、命の危険をも及ぼす危険な食べ物。

そして以外と人間にとってのご馳走でも、犬にとっては危険な食べ物というものが結構たくさんあるのです。
飼い主が与えてはいけない食べ物をまずは覚えて、もし愛犬が誤食してしまった場合は、以下のようにしてみましょう。

🌟誤食の際の覚えておきたい対処法とは?
すぐに病院に連れていくのが一番だが、空いてなかったり、遠かったりの場合は以下の2つの方法を試してください。

①両足を持って逆さにし、上下に揺する。
②肋骨の下に手を入れ、肺の空気を押し出す。

🌟犬に与えてはいけない食べ物
チョコレート、玉ねぎ、キシリトール、ナッツ、アボガド、ぶどう、レーズン、アルコール

基本、食べてもいい野菜類であっても水分が多すぎると下痢しますので、あくまでも小量でということでお願いします。

守ってあげられるのは、飼い主様のみですよね。

DSC_4260

コアラ探知犬、テイラー

こんにちは。
紅葉真っ盛り🍁ですが、皆様紅葉狩りには行かれましたでしょうか?
こちらの周辺では、「今高野山」が今週いっぱい見頃を迎えていますので、お近くのかたはぜひお立ち寄りください。

さて、今朝のニュースでもしておりましたが、オーストラリア森林火災で、勇気ある女性が自分のシャツを脱ぎ、燃え盛る森林の中、大火傷を負った、木の上で立ち往生していた1匹のコアラを救助した。
持っていた水をかけてやり、毛布をかけて病院へ。火傷がひどく、そのコアラはもう野生には戻れないそうですが、一命はとりとめることができました。

何とこの火災で、オーストラリアのシンボルとも言うべき350匹くらいのコアラが亡くなったそうです。
本当に悲しいです。

ですがこの火災で大活躍したのは、4歳のコアラ探知犬の「テイラー」。テイラーはスプリンガースパニエルという犬種で、3年前よりコアラの保護活動に参加しているそうで、この度の火災で、新しいコアラの糞を頼りに、3日間で母子を含む8匹のコアラを探し当てた名犬だそうです。

本当に勇気のある、コアラを救助した女性と探知犬テイラーに、心から敬意を表します。

2019年11月22日

犬とおでかけイン宮島🍁

こんはんは。
秋真っ只中、皆様もう紅葉狩りには行かれましたか?

私は今年も愛犬連れで、紅葉狩りに宮島へ行こうと思います🎵
世界遺産厳島神社のある宮島は、ペット同伴にとって、とても優しいんです🎵
その理由は、
①客室外デッキから愛犬とフェリーから海を見ることができるから。リラ~ックスできます♥️
②宮島表参道商店街で、揚げもみじや牡蠣などの色んな宮島グルメの食べ歩きができるから。
③厳島神社の社殿も、ケージに入れるか抱っこすれば一緒に入れるから。
④何よりも、最高のアングルから紅葉をバックに愛犬の撮影ができるから📷

よければ皆様も1度、愛犬連れで宮島紅葉狩りにぜひ行ってみられてください✨

2019年11月13日

日本における認知症の人々の将来推計

こんにちは、
先日テレビを見ていると、日本における認知症になる方の推計は、近い将来の2025年で何と、5人に1人
が認知症を発症するだろうとのことです。

将来迎える「超高齢化社会」ですか、悲観してても始まりません。
いずれ高齢になる私たちがいかに元気に人生を最後まで全うするのかを考えていくべきです。

私たちは、特に高齢者には限りませんが、1人でも多くの方を元気にしたいと考えています。
アニマルセラピー犬には、その力があります。
そしてその重要性をご理解いただく施設様が現在増えてきています。
本当にありがたいと思う反面、身が引き締まる思いで、日々犬たちの指導、コミュニケーション作りに精進しています。

1度試したいと思っていただける施設様は、どうぞお気軽にご連絡いただきますよう、お願いいたします。

DSC_4084
2019年10月31日

元野良犬の検疫探知犬、セシル

こんばんは。
もうすぐ11月だというのに、暖かい毎日で過ごしやすいですね✨

先日テレビで野良犬が検疫探知犬になってるのを見ました。
アメリカの動物保護施設にいたピーグル犬のセシルです。

犬にも特性があり、その能力は人間の何十倍もの力を発揮して働けることに驚きました❗️
セシルは、ただ単に「食品」を見分けるのではなく、持込み不可の食品をかぎ分けるのです。
とてもとても人間には無理な仕事です。
その能力を見出だした方も、育てた方

今日も関西国際空港で、臭いを嗅ぐことが大好きな元野良犬の検疫探知犬セシルは、活躍していることでしょうね🎵

2019年10月29日

ドッグトレーナー募集


今回、協会でドッグトレーナーの募集を開始します。
条件 人と動物が好き(高齢者、子ども、障がい者の方)の所に主に訪問します。
動物と社会貢献したい!笑顔を届けたい!方 是非、ご連絡ください。
 明るく、協調性、素直な方 お待ちしています。
 一緒にアニマルセラピーを広め皆さまに笑顔をとどけませんか?
 気になる方 お電話ください。
  090-6040-7611 中川まで

2019年10月17日

犬を飼うと早死にのリスク低減、米医学誌に研究報告2件

こんにちは。
台風19号の影響、今回広島は大丈夫でしたが、長野方面には大きな傷跡を残しました。
本当に最近は災害が多いですね。緊急時の避難所の確認、防災グッズの準備など、当たり前にしておく必要があると痛感しています。
私たちも人事とは思わず日頃から準備しておきましょう。

さて、CNNニュースで下記の記事を見つけました。
犬は間違いなく私たちに癒しを与えてくれると信じています🎵

犬を飼っている人はそうでない人に比べ、早死にするリスクが低いという研究結果が2件、8日発行の米心臓協会(AHA)の学会誌「サーキュレーション」に掲載された。

カナダ・トロント大学で内分泌学を研究するカロライン・クレイマー助教授らのチームは、米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、英国と北欧の計400万人近くを対象とした過去70年ほどの研究を分析した。

その結果、全ての死因を合わせた死亡率は、犬を飼っていたグループが24%低いことが分かった。

特に心臓発作や脳卒中の病歴がある患者では、心血管系の病気で死亡するリスクが31%も低くなっていた。

同じ号に掲載されたもう1件の研究では、スウェーデン・ウプサラ大学の疫学者、トーベ・ファル准教授らがスウェーデン人の男女33万6000人余りについて調べたところ、心臓発作や脳卒中の予後は犬を飼っているグループのほうが良いとの結果が出た。

特に一人暮らしの場合、犬を飼っていると心臓発作を経験した人の死亡率は33%、脳卒中では27%低くなることが分かったという。

孤独や社会からの孤立は、早死にの大きなリスク要因となることが分かっている。犬を飼うことでこのリスクが軽減されるのではないかと、ファル氏は指摘する。

一人暮らしの飼い主にとって、犬の散歩で運動することがリハビリになるとも考えられる。犬との触れ合いでコレステロール値や血圧が下がるといった報告もある。

ただし、どちらの研究も、犬を飼えば寿命が延びると直接証明したわけではない。犬を飼う人と飼わない人の健康面、経済面の違いなども考慮し、臨床試験で因果関係を確かめる必要がある。

引用元 CNNニュース

2019年10月15日
このページの上部へ戻る