新着情報・お知らせ

犬の目に起こるトラブル3つ

こんにちは。
犬の目の病気。
人間とほぼ同じですね。
毎日愛犬と接していれば、見た目でわかる症状ばかりです。(目に毛がバッサリかかっている犬種は毎日はぐって見てあげましょう。)
ぜひ、私たち飼い主が病気を知った上で、しっかりと日々見てあげることが大切です。

犬の「目」に起こるトラブル

犬の目の異変は比較的気付きやすいものですが、犬種によっては毛で隠れて発見が遅れる場合もあるかもしれません。
飼い主さんによる早期発見が、治療の幅を広げる手助けになるので、毎日しっかり愛犬の目の状態を確認しましょう。

今回ご紹介するのは、犬の目に起こるいくつかのトラブルについてです。
その都度、適切に対処できるように理解を深めましょう。

1.目ヤニが出る

目をくしゅくしゅこする犬の仕草は愛らしいものですが、目ヤニが出ている場合は注意が必要です。もしかしたら、その目ヤニが目のトラブルの前兆かもしれません。

目ヤニが出ているときは、まず色を確認してください。
もし目ヤニが半透明もしくは茶色っぽいのなら、ホコリなどが原因で炎症を起こしていると考えられます。この場合は、とりあえず家で様子を見て、気になるなら病院へ連れて行きましょう。

直ちに治療すべきなのは、目ヤニの色が黄色いときです。
目ヤニの黄色は、膿かもしれないので、放置しているとさらにひどくなってしまう可能性があります。

2.目が白くなる

犬の目が白濁して見えるときに疑うべき病気は、「白内障」です。
シニア世代の犬の瞳の奥が真っ白に見える場合は、老年性白内障を引き起こしていると考えられます。
犬も人間と同様、老化によって白内障を引き起こします。
白内障とは、ピントを合わせる水晶体が白く変性してしまって、光を通さなくなってしまう病気です。
症状の進行は点眼薬によって多少遅らせることもできるようですが、老化現象ということもあり、大きな期待はできないということです。

近年では技術が進み、人間の手術と同様に、人工レンズに替える手術も可能にはなってきているようです。
しかし、体力が弱っているシニア犬が手術に耐えられるのかという問題もあり、施術すべきかどうかは、獣医師でも意見が分かれるところです。
一般的には、犬は人間ほど視力に頼って生活しているわけではないため、内科治療にとどめる場合が多いようです。

もしも老化によるトラブルではなく、子犬の目が白く見える場合は、「先天性白内障」や「若年性白内障」が考えられます。これらは遺伝の可能性が高いといわれています。

3.目が充血する

犬の目が充血し、まばたきの回数が増えたり、涙の量が多くなったりしている場合は、「結膜炎」が疑われます。
結膜炎の主な原因として考えられるのは、目に異物が入ったり、ウイルスや細菌に感染したりすることです。

結膜炎の場合は、点眼薬での治療に加え、目の周辺をほう酸水などで洗浄することで対処します。犬が目をこすってしまう場合は、症状が落ち着くまでエリザベスカラーをつけることになります。

結膜炎の原因のひとつとして、伸びた被毛が目に入って、炎症を引き起こしていることも考えられます。そうならないためにも、目の周辺はこまめにトリミングしてきれいにしておきましょう。

まとめ

犬の目に起こるトラブルをご紹介しました。
犬は、人間ほど視力に頼って生活しているわけではありません。
しかし、それでも視力が衰えたら、生活が不便になることは間違いありません。
犬の明るい世界を守るには、飼い主さんの早期発見と早期治療がカギになります。

私たち人間であれば、目ヤニや目の充血が気になったときは、すぐに目薬をさすことができます。けれども、犬の場合はそうはいきません。
愛犬の目ヤニや目の充血を軽く考えず、気になる場合は、直ちに動物病院で診察を受けることをおすすめします。

2018年11月13日

犬と暮らすメリットには、科学的根拠があるそうです。

犬は家族、犬は癒しとよく言われますよね。
これって「何となく」ではなく、ちゃんと犬と暮らすとメリットがある科学的根拠があるそうです。
以下はわんちゃんホンポより

犬と暮らすことにはメリットがたくさん!

「犬と暮らすと寿命が伸びる」「犬と暮らすとストレス値が下がる」など、巷には犬と暮らすとこんなにもメリットがあるよ!と訴えかけてくるメディアがたくさんありますね。

物事は何でもメリットだけで、何もデメリットがないことなど無いので、安直にそのようなメディアに踊らされるのは良くないですが、科学的な研究が行われて確認されている、「犬と暮らすメリット」もあります。
そのような科学に裏打ちされた、犬との暮らしのメリットを4つピックアップしてみました。

1.犬と暮らすと身体的な運動量が増える

これは分かりやすい例ですね。
犬と暮らすようになると、毎日の散歩が必須になるので、定期的に一定の時間を歩くようになります。それだけで、血糖値や血圧に良い影響があるだろうということが分かりますね。

2011年に、アメリカのミシガン大学の研究者がリサーチしたところによると、犬を飼っている人の約半数は、毎日30分以上身体を動かす習慣があるとのことです。一方、犬を飼っていない人では毎日30分以上の運動をする人は、約3分の1でした。

2.犬と暮らすことでストレスレベルが下がる

愛犬の顔を見たら、1日の疲れも吹き飛ぶという方は多いかと思います。これも科学的に裏付けがされている犬と暮らすメリットのひとつです。

2017年のスウェーデン農業科学大学などの研究者による発表をはじめとして、犬と触れ合うことで愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が増え、ストレス値の基準となるコルチゾールが減ることは、他の数々の研究でも確認されています。

また、2016年のアメリカのシカゴ大学の研究では、HIVの患者を対象にリサーチしたところ、犬を飼っている人は飼っていない人に比べて、「気持ちが落ち込む、うつ傾向になる」と答えた人の割合が約3分の1と、明らかに低かったのだそうです。

3.犬と暮らすことで免疫機構に良い影響がある

2013年にノースカロライナ州立大学の研究者は、「犬と暮らすことで、家の中のバクテリアの多様性が増えます。バクテリアの多様性は身体を健康に保ち、病気に罹りにくくするために有効です。」と述べています。
また、2017年にはカナダのアルバータ大学の研究者が、妊婦や新生児が犬と暮らすことについてのリサーチを発表しました。

犬と暮らしている赤ちゃんは、一般的なアレルギーやアトピー性皮膚炎、肥満のリスクを軽減するバクテリアを持っていたとのことです。

赤ちゃん自身は犬と暮らしていなくても、お母さんが妊娠中に犬と暮らしていた場合も、同様の結果だったそうです。

4.犬と一緒にいることは高齢者にも良い影響がある

犬と一緒に過ごすことは、高齢の方にも良い影響をもたらします。
スウェーデンのダラマ大学などの研究者が、2017年に発表したリサーチでは、アルツハイマー型認知症を患っている方が、セラピードッグと触れ合った後には、周囲の人間を気遣う、喜びやいたわりの表情を見せる、感情の表現が豊かになるなど、症状の軽減が見られたということです。

また、スウェーデンのエイジング・リサーチセンターでは、積極的に社交の場を持つ人は身体的にも精神的にも衰えにくく、認知症になるリスクが軽減するという発表をしています。犬と暮らすことで、自然と地域社会とのお付き合いも増えるため、ここでも犬が人間を助けてくれます。

まとめ

様々な研究者によって科学的に裏付けされた、「犬と暮らすことのメリット」についてご紹介しました。

もちろん、犬と暮らすことはメリットばかりではありません。生活が制限される面も多くなるし、生き物を引き受ける責任の大きさは相当な覚悟が必要です。

けれども、「犬と暮らすって何となく良さそう」というフンワリしたイメージではなく、数値や検証によって裏打ちされたメリットを知っておくことは、犬との暮らしを始めるに当たっての支えにもなるのでは?と思います。

2018年11月5日

【11月1日は犬の日】

11月1日は犬の日ってご存知ですか?
ワンワンワンとは、面白いですね(笑)
明日はいつもよりさらに愛犬とのスキンシップを楽しんでください♪
以下は~どうぶつちゃんねるより~

犬の鳴き声である「ワン(1)ワン(1)ワン(1)」にちなんで制定されました。
そんな犬の日に合わせ、アイリスオーヤマ株式会社が「犬の名前ランキング2018」を発表しました。

■ 絶大な人気を誇る「モモ」

このランキングでは、同社が運営する犬の情報サイト「アイリスペットどっとコム 犬といっしょ」会員を対象に調査し、1065頭の愛犬の名前が集まりました。

総合ランキングでは、連覇していた「チョコ」を追い抜き「モモ」が1位にランクイン。
2017年は12位だった「ココ」は、再び人気を集め2位という結果になりました。

「犬の名前ランキング2018」/アイリスオーヤマ株式会社

■ 男の子は「コタロウ」が不動の人気

男の子、女の子別のランキングを見てみると、男の子で一番人気の名前は「コタロウ」で、5年連続の1位だといいます。
2位にはコタロウと僅かな差で「リク」がランクイン。
また、今年は圏外から「レン」「ソラ」「テン」といった2文字の名前がランキング入りを果たしたそうです。

「犬の名前ランキング2018」/アイリスオーヤマ株式会社

■ 女の子は「サクラ」「ナナ」も人気

女の子ランキングでは、総合ランキングで1位のモモが2年連続1位を獲得。女の子の名前で絶大な人気があるようです。
2位以降には「サクラ」や「ナナ」、「ココ」などが並びました。

「犬の名前ランキング2018」/アイリスオーヤマ株式会社

■ あなたの愛犬の名前はありましたか?

同社は番外編として1歳以下の名前ランキングも発表しており、「ナノハナ」など植物の名前や「ハム」といった食べ物も名前も人気だったようです。

ちなみにうちのゴールデンレトリバー2匹は、
「なな」と「もも」です♪

DSC_1057
2018年10月31日

もし子供の為に犬を飼うなら?ふさわしい犬種ベスト10

 家族にとってもっともふさわしい犬を選ぶには、その犬の個性、大きさ、元気のよさ、気質などを見極める必要があります。
犬にはそれぞれ個性があり、魅力も十人十色です。
そしてもちろん、きちんとしたしつけと愛情が必要ですよね。
当協会もしつけ教室を随時行っていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 ここでは海外サイトで特集されていた、子供にとって良き友人となってくれるだろう10の犬を見ていくことにしよう。~カラパイア 不思議と謎の大冒険より~

10.ブルドッグ

 子供が取っ組み合いをして遊ぶのが好きなら、がっしりした体つきのブルドックは理想的。有り余るほど元気がいいとはいえないが、とても人懐っこく、忠実で優しい犬だ。広い家でも狭いアパートでも飼うことができ、ほかにペットがいてもうまくやっていける。

9.ビーグル

 とても元気な犬で、疲れを知らずに遊びまわる。もともと猟犬だが、家の中で子供やほかのペットとうまくとけこんでやっていける。よく毛が抜けるので、定期的にフロに入れ、ブラッシングしてやる必要がある。

8.ブルテリア

 好戦的なイメージがあるが、もともとペットして改良されたので、実際にはとても人懐っこく、愛情細やかで、快活な犬。きちんとしつければ頼りになり、痛みにも強いので、子供がペットの扱いを学ぶのにも理想的な犬と言えよう。

7.コリー

 映画『ラッシー』で一躍有名になった犬種。優雅で賢いこの犬は、訓練しやすく、攻撃的になることはほとんどないため、犬にあまりなじみのない家族にもぴったりだ。主人を守り、子供にも優しい、理想的な犬。

6.ニューファンドランド

 自然のベビーシッターというニックネームをもつほど、子供を愛しみ、守ろうとする性格。忍耐強く、人あたりが良く、穏やかな性格なため、犬のマザー・テレサと呼ぶ人もいるくらいだ。とても優しく、包容力があって、愛さずにはいられない犬。

5.ヴィズラ

 あまり知られていないが、行動的なアウトドア派の家庭なら、この犬は理想的だ。とても活発なので頻繁に運動が必要だが、性格は優しく、飼い主に忠実。知能も高くてもの覚えも早く、家族にもすぐになついて強い絆を築く。犬特有のにおいもほとんど気にならない。

4.アイリッシュ・セッター
赤毛で、活発な性格、特に子供とよく遊び回る。子供のいる活動的な家族にぴったり。知能も高く、しつけのしがいがある。

3.プードル

 よくユニークなヘアカットをされている犬。短く毛を刈ることができるので、アレルギーをもつ子供に最適。定期的なヘアカットを怠ると、ひどい状態になってしまう。優しく、賢く、誇り高く、貴族的な犬だが、飼い主に忠実で愛情深い。忍耐強く、温かい心をもち、子供ともよく遊ぶ。

2.ラブラドールレトリバー

 思いやりがあって、頼りになる愛すべき犬。知能も高く、愛想もよく、優雅さも併せ持っている。ペットとして最高の犬だろう。

1.ゴールデンレトリバー

世界中で人気の犬種のひとつ。ラブラドールほど大きくはないが、聡明で、自信に満ち、人懐っこくて、忠誠心も高い。攻撃的なところはなく、忍耐強いため、子供にとっても理想的。よく遊んであげられるアクティブな家族向き。

2018年10月28日

犬はどうして飼い主の言うことを聞くの?

私たちは犬のしつけ教室をやっています。
小型犬から大型犬まであらゆる犬種を見てきましたが、訓練すれば、本当に犬は人間の要求に答え、飼い主の言うことをよく聞くようになります。
それはなぜなのか、の記事を見つけましたので掲載します。
~以下わんちゃんほんぽより~

★なぜ犬は飼い主の言うことを聞くの?

犬は様々な動物の中でも人間と共存してきた歴史が特に長い生き物です。そのため、現代では「犬をしつけることで飼い主の言うことを聞く」という特徴が当たり前のようになっています。しかし、なぜ犬は忠実に飼い主の言うことを聞こうとするのでしょうか。

元々犬は野生の中で集団行動をしていた生き物です。自分の仲間だと認識している集団の中には、その仲間たちをまとめる「リーダー」的存在のボスがいたとされています。そのボスの指示に従い動くことが犬にとっては当たり前だったのです。

そのため、人間と共に共存するようになった現在でも、家族を仲間として認識し、飼い主のことを信頼できるリーダーとして認めることで、飼い主の指示を受け入れ行動しようとするのです。

「指示を出して言うことを聞かせる(しつける)ことは可哀想」と言う人もいますが、犬にとっては頼れるリーダーに指示を出される方が本能的に安心できるため、飼い主をリーダーと認識してもらうことこそ生活する上で安心感を持ってもらうことに繋がります。

★信頼してもらう飼い主になるために

上記でもご紹介したように、犬が飼い主の言うことを聞く理由は、飼い主が自分の群れの頼れるリーダーだからという信頼関係からです。そのため、信頼してもらい自分より上の立場の存在として認めてもらわなければ、犬が飼い主の言うことを聞くことはありません。

では、犬に信頼できる飼い主と認識してもらうためには、どのようなことを心がける必要があるのでしょうか。

★しつけはしっかり行う

まず飼い主としての義務でもありますが、基本的なしつけ(無駄吠え防止、噛みつき防止、トイレトレーニングなど)はしっかり行いましょう。さらに基本動作と呼ばれる「待て」「お座り」なども飼い主の指示で動けるようにしておく必要があります。

これらのしつけを行っていくことで、自分に指示している飼い主の方が立場が上であることを認識させることができます。

基本的なしつけができたら、どのような環境でも飼い主の指示でコントロール(道で人に会った時に飛び付かないよう「待て」を指示するなど)できるよう、徐々にトレーニングを重ねていきましょう。

★犬の習性や心理を理解する努力を

またしつけをするだけでなく、飼い主自身が犬の習性や心理を理解しようとする姿勢が重要です。犬は人間の言葉を話せないため、行動や仕草からその時の心理を理解する必要があります。

例えば相手の匂いを嗅いでいるときは相手のことを知ろうとしていることになりますし、しっぽを振っていても振り方によっては嬉しいだけでなく、怯えていることもあります。

このように「今、愛犬がどのようなことを考え、この行動をしているのか」を理解してあげることで、犬側も「飼い主さんは自分のことを理解してくれている」と信頼するようになります。

自分のことを理解してくれているかどうかについては、犬だけでなく人間関係を構築する上でも重要ですよね。しっかり愛犬を理解する努力をし、コミュニケーションを多く取るようにしましょう。

★犬の前では常に落ち着いた態度で

犬は人間の行動をよく観察しています。皆さんにとって頼れるリーダーとはどのような人をイメージしますか?多くの方が「常に冷静で落ち着いた行動ができる人」という要素を思い浮かべるのではないでしょうか。犬も同じです。

ちょっとしたことで大声を出したり、慌てふためくような行動を取ると、犬自身も「大事!?」と驚いてしまったり、焦りを感じてしまいます。自分と同じような行動を取っている飼い主さんにも一抹の不安を感じるでしょう。

「この人といれば安心」といった信頼を得るためには、犬が見ているところではなるべく取り乱さず、冷静に行動することが重要です。意外と犬は飼い主の行動を見ていますので、普段から心がけるようにしておきましょう。

★まとめ

いかがでしたでしょうか。集団行動をしていた犬にとって、現代では飼い主が自分のリーダー的存在です。信頼できるリーダーとして認められるためにも、愛犬のことを理解し、安心感を与えてあげる事が大切です。

2018年10月21日

犬を看取った後にするべき5つのこと

こんばんわ。
人間同様、犬の寿命も14才に延びたとはいえ、やがて必ず愛犬とのお別れの日がやってきます。
その日が来るまでに、知っておくべきことが書いてありました。
ちなみに私なら絶対に大切な愛犬の遺体を自治体には預けません💦
~以下はわんちゃんホンポより~

★犬を看取った後にするべきこと
①安置する

愛犬を看取ったら、見送るまでの間愛犬が安らかに過ごせるように、まずは安置してあげましょう。手順は以下のようになります。

①いつもの寝姿に近づける
犬が息を引き取った2~3時間後くらいから、体の硬直が始まると言われています。前足や後ろ足が伸びたままだと箱や棺に収まらなくなる可能性があるので、硬直が始まる前に前足と後ろ足をやさしく折り曲げて、なるべくいつもの寝姿に近づけてあげましょう。まぶたや口も閉じてあげます。

②遺体をきれいにする
ペットシーツやビニールを敷いて、その上に遺体をそっと寝かせます。湿らせたガーゼやタオルで体全体を拭き取り、ブラシで毛並みや尻尾を整えます。体液や排泄物が出ることがあるので、口や肛門周りは特に念入りに拭き取ってあげましょう。

③箱に遺体を寝かせる
体の大きさに合った段ボールなどの箱の中に毛布やバスタオルを敷き、そこへ遺体を寝かせます。体液などがしみ出てくることがあるため、箱の下にペットシーツやビニールを敷いておくといいでしょう。また、安置する場所は、直射日光が当たらない涼しい場所を選びましょう。

④遺体を冷やす
遺体の状態を保つため、ビニール袋に入れた氷や保冷剤をタオルなどでくるみ、お腹と頭の辺りを中心に冷やします。上からタオルをかけると、保冷効果が高まります。氷や保冷剤をタオルなどにくるまないと、水分が遺体に直接触れて状態が悪くなりやすくなるので注意しましょう。夏場はこまめに氷や保冷剤を交換し、エアコンも低い温度を保つようにします。

ドライアイスで冷やす方法もありますが、その場合も直接ではなくタオルなどでくるみます。飼い主さんもドライアイスを素手で触らないようにし、ドライアイスから発生する二酸化炭素で酸欠にならないように、十分に換気を行いましょう。

「もっと早く気づいていれば…」下半身太りの原因はほぼ十割○○だった!? スラキュア
中村エミコ「シミに化粧品は効かない」!?→使い続けているのは○○だった ホワイピュアクリーム
【マツコの知らない「毛穴」の世界!】モデルのマギー直伝の毛穴卒業法 Fleuri
1ヶ月で55kgが44kgに!?マツコも認めた話題のダイエットが大炎上 メディアハーツ
犬を看取った後にするべきこと②最後のひとときを過ごす

遺体を安置した後は、生前の写真やお花を飾ったり、愛犬が好きだったおやつをお供えしたりして簡単な祭壇を作り、愛犬との最後のひとときを過ごしましょう。愛犬が安らかに旅立てるように、「ごめんね」ではなく「ありがとう」の気持ちをたっぷりと伝えてあげてください。

犬を看取った後にするべきこと③見送る
ろうそくを持つ手

愛犬とお別れするのはつらいですが、いつまでも安置しておくわけにはいきません。愛犬の天国への旅立ちを見送ってあげましょう。犬の見送り方としては

火葬
土葬
自治体による引き取り
といった方法があります。それぞれ簡単に説明していきます。

火葬
ペット葬儀社やペット霊園に依頼します。他のペットたちと一緒に火葬してもらう合同火葬と、飼い主の立ち合いのもと個別に火葬してもらう個別火葬があります。

愛犬が愛用していた物や好きだった食べ物、お花なども一緒に火葬してもらえる場合もあります。希望する場合は、葬儀社や霊園に問い合わせてみましょう。

土葬
自宅の庭などに遺体を埋葬します。私有地以外での土葬は禁じられているのでご注意を。また、私有地であっても自治体によっては条例で土葬を禁止している場合がありますので、土葬を希望する場合は確認をしましょう。

自治体による引き取り
自治体によって方法は異なりますが、家庭ごみと一緒に焼却されることが多いようです。詳細は、居住する自治体に問い合わせを。

犬を看取った後にするべきこと④所定の届出・手続きをする

犬が亡くなったときは、飼い犬登録を抹消するために死亡届を提出する必要があります。その方法は

保健所や市役所の窓口で届出
電子申請による届出
電話による届出
FAXによる届出
郵送による届出
など、自治体によってさまざまです。犬が亡くなった日から30日以内に届け出ましょう。鑑札や狂犬病注射票の返還を求められる場合もあります。

もし血統書登録をしている場合は、登録団体にも忘れずに連絡しましょう。

犬を看取った後にするべきこと
⑤供養の方法を決める

愛犬を見送ったら、どのように供養するかを決めます。特に決まった形はないため、供養の方法は飼い主さんによってそれぞれです。例を挙げると

合同埋葬
納骨堂に納骨
ペット霊園に埋葬
手元供養(自宅供養)
散骨
メモリアルグッズに遺骨の一部を収納
などといった方法があります。飼い主さんの希望する形で供養してあげましょう。

まとめ

いつか愛犬を看取る日が来るということは分かっていても、考えるのがつらすぎてそのことから目を背けてしまいがちです。しかし、愛犬の命を預かる飼い主の務めとして、いつかその日が来るという現実と向き合い、覚悟と準備をしておくべきでしょう。

愛犬を看取った後にするべきことのひとつひとつが、愛犬にしてあげられる最後のことです。かけがえのない日々を与えてくれた愛犬への感謝と愛情の気持ちを込めて、しっかりとやり遂げましょう。

2018年10月17日

寒い地域で生まれた犬種たち

 早いものでもう10月も半ば近く。ということはもうすぐハロウィン。ハロウィン終わるとすぐクリスマス⛄🎄✨終わるとすぐにお正月🎍3ヶ月弱で来年なんですね✨
昨日の夜から急に寒くなりました❗
私は寒いのが苦手です😢
ですが以下は逆に暑いのが苦手な犬たちです(笑)
わんちゃんほんぽより記事を抜粋しました。
5犬種を飼ってらっしゃる方は、気をつけてあげてください。

寒い地域で生まれた犬種

世界には多くの犬種が存在しますが、寒い地域で生まれた犬種の場合、ダブルコートのため寒さには強いですが暑さには弱い特徴を持っています。そのため、夏場は室内は涼しく、散歩は時間帯を考えるなど意識する必要があります。では、寒い地域で生まれた犬種にはどのような犬種が当てはまるのでしょうか。

1.シベリアンハスキー

まずはシベリア地方が原産となるシベリアンハスキーです。オオカミのようにかっこいい外見が特徴的なシベリアンハスキーは、近年のDNA研究によっても他の犬種に比べてオオカミに近いDNAを持っていることが判明しています。

元々はチュクチ族と呼ばれる民族と一緒に暮らしていたとされており、ソリを引く仕事や狩猟を担っていたと伝えられています。そのため、豊富な運動量が必要となりますので、最低でも1日1~2時間の散歩が必要とされています。

強面な外見のシベリアンハスキーですが、性格はとても明るく人懐っこい面を持っています。攻撃的な性格を持つ子は非常に少ないため、番犬としては不向きと言われるほどです。

2.セントバーナード

『アルプスの少女ハイジ』でもお馴染みのセントバーナードもスイス原産の犬種のため、生まれた場所は非常に寒い地域となります。元々育てられていたとされる聖ベルナール僧院がある場所は-30℃に達する地域でもあります。

この地域で遭難者などを救助する活動に当たっていた犬種がセントバーナードです。救護兼として活躍したセントバーナードたちは、多くの人命を助けたと記録にも残されています。

とても温厚な性格でのんびりとした雰囲気を持つセントバーナードですが、使命感や責任感は非常に強く、与えられた指示を最後まで遂行しようという意志の強さも兼ね備えています。

3.バーニーズマウンテンドッグ

バーニーズマウンテンドッグもセントバーナードと同様にスイス原産の犬種です。歴史が古く、昔から人々の仕事の手伝いをしてきた犬種で人気が高いです。人間と長く暮らしてきた歴史があることから、家族に対する愛情が深い一面を持っています。

飼い主に対する忠誠心・服従心が非常に強い犬種ですが、その反面、知らない人に対する警戒心が強い一面を持っています。攻撃性は高くありませんが、すぐに懐くという犬種ではありません。

4.秋田犬

近年、世界中で人気を集めており、「忠犬ハチ公」でも知られている日本犬の一種・秋田犬も名前の通り、マタギ犬と呼ばれ秋田で活躍していた犬種の子孫と伝えられています。

「忠犬ハチ公」でも描かれているとおり、飼い主に対する忠誠心は他の犬種と比べても非常に高く、その反面、飼い主以外には懐かず警戒心を見せる一面も持っています。頑固な性格ですので、一度決めたら最後まで意志を曲げない強さも持ち合わせています。

元々は猟犬としても活躍していたため、豊富な運動量を必要とします。十分な運動をさせなければ、ストレスから良い信頼関係を築くことができず、満足にしつけができない状態になってしまう恐れもあります。

5.サモエド

シベリア地方原産のサモエドは、白くふわふわの被毛が特徴的な犬種です。近年、「サモエドスマイル」という言葉がネット上で湧き起こるほど、表情豊かな犬種です。

シベリアンハスキーと同じようにソリを引いて人間の仕事を手伝ったり、猟をしたり、中には飼育されている牧畜を警護する仕事を担っていたサモエドもいたと言われています。そのため、人間と暮らしてきた歴史は長いです。

やはりこちらも人懐っこい性格で犬・人間どちらに対してもフレンドリーな性格です。のんびりとした性格に遊び好きといった子どものような明るさを持つサモエド犬は、ファミリー層にも人気があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は日本でもよく知られている犬種をご紹介しましたが、他にも寒い地域で誕生した犬種は数多く存在します。ダブルコート犬種は暑さに弱いため、日本で飼う場合は夏の対策をしっかり行う必要があります。飼い主さんは熱中症などに気を付けてあげましょう。

2018年10月12日

パピーウォーカーをご存知ですか?

みなさんは、パピーウオーカーや、繁殖犬ボランティアってご存知でしょうか?
盲導犬として7~8年かつやくする犬を家庭で預かるとてもやりがいのある素敵なボランティアです。
ではどういった内容なのかご説明します。
以下は~日本盲導犬協会より~

パピーウォーカーとは
パピーウォーカーは、盲導犬候補の子犬を約10ヵ月間、家族の一員として迎えていただくボランティアです。この時期、子犬の「社会化」が重要なポイントとなります。電車や車の音、雨や雪、人混みなど、人間社会で様々な経験をするために、色々な場所に一緒にでかけ、人間と生活する喜びを経験します。たまにはいたずらもするけれど、子犬は家族と共に様々な経験や出会いをする中で、社会や家庭の中で暮らすためのルールを学んでゆきます。その過程で、人間に対する親しみと信頼感が築かれ、将来目の不自由な方との生活がスムーズに送れるようになるのです。
人間社会の中での良きパートナーとなれるように、スタッフの指示のもと、パピーたちに様々なことを教えていただきます。

ウィークエンドパピーウォーカー(島根あさひ訓練センターでのみ募集)
週末にパピーを預かっていただくボランティアです。島根あさひ訓練センターでは、受刑者がパピーを育てる「島根あさひ盲導犬パピープロジェクト」を行っています。月曜日から金曜日までは受刑者がパピーを育てますが、週末は地域のボランティアのご家庭に協力をお願いしています。
このプロジェクトは、盲導犬の育成頭数の増加につながると同時に、受刑者が「役に立つ喜び」「信頼される喜び」「達成する喜び」を感じることで、受刑者の社会復帰の促進が期待されています。尚、ウィークエンドパピーウォーカーと受刑者が直接コンタクトを取ることはありませんが、1冊の「パピー手帳」に毎日欠かさずパピーの飼育状況を記録してお互いの連携を図っていきます。

島根あさひ盲導犬パピープロジェクトについて

パピーについて
盲導犬に向いている犬種は、主にラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーとゴールデン・レトリーバーのミックスブリード(MIXB)です。従順で賢い・順応性が高い・人を誘導するのに適した大きさ・優しい顔立ちなどが特徴で、盲導犬として活躍しています。

パピーウォーカーの基本条件
① 訓練センター近郊にお住まいで、移動手段として車をお持ちであること。
訓練センターでの行事にご参加いただく時や、動物病院に通う際に車で移動する必要があります。また盲導犬になったら車に乗ることも多いので、車に乗る練習にもなります。

② 月1回、各訓練センターで開催されるレクチャーに参加をお願いしています。
健康管理や散歩の仕方、また家庭内でのマナーなど、パピーにどのように教えていったらよいか、などきめ細かく指導してゆきます。パピーの状況を確認するため家庭訪問をさせていただく場合があります。

③ 室内飼育ができること。
居間に室内犬舎[59㎝×90㎝×67㎝]を置きます。(玄関などは不可)
盲導犬は、目の不自由な方と行動を共にします。必然的に室内で生活することが多く、その為には人間と共に生活するマナー(物を噛まない・無駄に吠えない・人が食べている物を欲しがらない等)を身につける必要があります。

④ 留守にする時間が少ない。
特にはじめの2ヵ月間は、1日3~4回の食事と排泄のしつけ(失敗しないように1時間おきぐらいに促します。)の為、犬をよく観察していただく必要があります。

⑤ 犬のしつけに対し、家族全員で参加していただく。
子犬が正しいマナーを身につけるためには、家族全員の理解と協力が必要です。終始一貫した接し方を忍耐強く繰り返すことで、犬との健全な関係を築くことが出来るのです。
赤ちゃんや小学校低学年以下のお子さんがいるご家庭では、ご負担が大きくなるかもしれません。また、ご高齢の方がいるご家族は、犬が飛び付いたときの事故等、安全面を考えご検討下さい。

⑥ 現在、犬の飼育を行っていない方
すでに犬を飼育しているご家庭には、パピーの飼育をお願いする事が出来ません。
パピーの飼育に十分なゆとりと時間を作っていただくこと、パピーの社会化に適切な環境を整えていただくことを目的にしているためです。予めご了承ください。

⑦ 集合住宅にお住まいの方は管理側の承諾が得られている場合に限ります。
集合住宅の規定で犬の飼育が認められている場合でも、大型犬(体重20~30kg)の飼育は不可な場合もございます。住宅管理側の許可・承諾が無い場合は飼育をお願いする事は出来ませんので予めご確認ください。

⑧ その他
パピーウォーキング中のフードや消耗品、日常の治療費(ワクチンや狂犬病注射等は除く)はパピーウォーカー負担となります。その為、月々4,000~5,000円程度のご負担があることもご了承下さい。

登録方法および子犬委託までの流れ
①登録申込書をプリントアウトしてご記入後、協会へ返送

②説明会と面談
登録申込書返送後、訓練センターにて開催される説明会(月1回)にご参加いただき、さらに細かくパピーウォーキングについてご説明致します。その際、簡単な面談も行います。説明会のご案内は電話かメールにてお知らせいたします。希望者が多数いらっしゃる場合は説明会参加までにお時間を頂く場合がありますので、予めご了承ください。
※登録申込書返送の際に、ご家族の写真を1枚お願いしています。

③説明を受けられた上でパピーウォーカー登録を希望される方は、パピー委託待機者として登録させていただきます。
委託(子犬をお渡しする日)の時期については、子犬の出産状況やパピーウォーカーの登録順などの点から、登録後すぐに子犬をお渡しできるとは限りませんのでご了承下さい。
待機している間に、転居されたり、委託を受けられなくなった場合は、ご連絡ください。

④子犬委託のご連絡
委託日より約1ヵ月前までには委託決定のご連絡を致します。委託式の日程や詳細については書面、電話、メールのいずれかにてご連絡致します。

⑤委託前準備
委託式までに、訓練センターにご来所いただき、書類の説明と子犬との接し方のレクチャーを行います。その際、ケージなどの犬具を貸し出しいたします。

⑥委託式
必要書類作成の他、今後1年間のパピーウォーキングについての説明、実際委託する子犬との接し方や排便方法などのレクチャーを行います。

パピーウォーカー詳細・申し込み方法についてはこちら
パピーウォーカー登録申込書

●パピーウォーカーに関するお問い合わせはお電話にて最寄りの訓練センターまで。

2018年10月7日

犬や猫と共に生きる ペットと暮らす単身高齢者の幸せと覚悟

こんにちは。
今は、65歳以上の6人に1人が単身で暮らす時代、そのかたわらで共に老い、時に生きがいや励みにもなるペットたちは、大きな存在です。ペットと暮らす単身高齢者たちに、その幸せや覚悟について、聞かれた記事を紹介します。~sippoより~

★最期まで飼う 覚悟の先に「老老介護」の可能性も
 最期まで飼う。年齢を問わず、その覚悟がなければペットは飼えない。高齢者の場合、覚悟の先に、人とペットの「老老介護」の可能性も出てくる。

 名古屋市千種区の細江明平(あきひら)さん(67)宅では、ダイニングテーブルのかたわらに推定18歳の雌犬・美美(みみ)がじっと横たわっていた。今年春ごろから歩けなくなり、寝たきりになった。

寝たきりになった美美。「元気なころは手のかからない子だった。しっかりみとってあげたい」と細江明平さんは話す。

 2000年12月、名古屋市動物愛護センターから譲り受けてきた中型の雑種犬。シェパードに似た外見で、近所の川で泳ぐのが大好き。「力の強い、立派な犬だった」という。妻・和子さんと、子どものような存在として育ててきた。

 15年1月、和子さんにがんが見つかり、2週間余りで急逝した。心の準備ができず、大きな喪失感に襲われた。アルコールに逃げようとする細江さんを、美美が助けてくれた。

 深酒しても、朝起きて、散歩に行かなければいけない。手作りしていたエサを、今まで通りあげないといけない。日が暮れたらまた、散歩に行かないといけない。「美美がいなかったら、自分はひどいことになっていた」と振り返る。

犬が死んだら「独りになってしまう」
 美美が寝たきりになってからは、抱きかかえてオシッコに連れて行き、ウンチをもらせば拭いてやる。床ずれしないよう、頻繁に体勢を変える。点滴のため、週2回カートに乗せて通院する。「妻は急に逝ってしまった。美美は、介護を通じてしっかり『お別れの時間』を過ごさせてくれている」

 和子さんが亡くなった直後には、自分が美美を残して先に死ぬことを憂えた。いまは、見送る時が来るのにおびえている。19キロあった美美の体重はいま7キロまで減ってしまった。「美美が死んだら独りになってしまう。どれだけ寂しくなるのか、想像もできない」と言う。

 年齢を考えれば、新たに犬を飼い始めるのは難しい。日本人男性の平均寿命は81.09歳(17年、厚生労働省調べ)。犬のそれは14.19歳(同、ペットフード協会調べ)。細江さんはこうつぶやく。「次、飼うならaiboかな」。

高齢者が飼い続けられない犬や猫 全国で増加
 12年の動物愛護法改正で、動物の飼い主には「動物がその命を終えるまで適切に」飼う(終生飼養)努力義務が課された。毎年数万匹単位で行われる、行政による犬猫の殺処分を減らす狙いがあった。こうした中で、高齢者が亡くなったり入院したりといった理由で犬猫を飼い続けられなくなり、捨てられる事例が全国の自治体で増加し、問題になっている。

 朝日新聞が動物愛護行政を担う全国の都道府県や政令指定都市など115自治体を対象に行った調査(回収率100%)では16年度、犬で1185匹(件)、猫で1777匹(件)が「高齢者から、または高齢が原因と見られる理由」で捨てられていた(18自治体は理由など未集計。19自治体は件数で回答)。犬では、同年度に全国の自治体に飼い主が捨てにきた合計頭数の、少なくとも4匹に1匹にあたる。

 こうしたことから56の自治体が、保護犬・保護猫を譲渡する際、譲渡対象者について、65歳前後を上限とする「年齢制限」を設けるなどの対応をしていた。14年度の調査では41自治体で、高齢者への譲渡を制限する自治体が増えていることがわかる。

「老犬・老猫ホーム」や信託サービスも
 一方で、飼育しきれなくなった犬猫を救うための社会的な仕組みの整備も、始まっている。有料で最期まで飼育する「老犬・老猫ホーム」が増えているほか、信託銀行などを活用してペットに遺産を残し、その管理を専門家に任せるサービスなどが充実してきた。

 高齢者に信託サービスなどを提供するNPO法人「ペットライフネット」の吉本由美子理事長は「犬猫の寿命が延びてきて、高齢者が飼い続けることが難しくなっている現実がある。高齢者によるペットの飼育放棄を防ぐには、なんらかの形で誰かが飼いつなぐしかない。社会として、そのための仕組みを整えていく必要があると思う」と話している。(太田匡彦)

一人きりの高齢者にとって、ペットは家族のように「生きる力」となる。共倒れにならないよう、覚悟と愛情を持って飼わなければならない。
そして愛犬の最期を看とる義務がある。
なぜなら愛犬は死ぬまで私たちに無償の愛をくれたのだから。

2018年9月25日

犬猫の譲渡会のお知らせ(9月23日(日))

こんばんは。
動物管理センターが、犬猫の譲渡会を下記のとおり実施するそうです。
1匹でも多くの犬猫が救える譲渡会。
ペットか欲しいと思われたら、ぜひ1度足を運んでみてください。
可愛い愛犬に出会えると思います。

1 概要
  広島市動物管理センターで保護している犬・猫の新しい飼い主さん(広島市在住の方)を募集しています。
  平日は毎日、犬猫をご覧いただいて譲渡の申し込みができますが、休日にも不定期に譲渡会を開催しています。
  下記のとおり、休日の譲渡会を実施しますので、愛情と責任を持って犬猫を飼うことを希望される方は、ぜひご来場ください。

2.日時
  平成30年9月23日(日) 午前10時~午後2時

3.場所
  広島市動物管理センター (広島市中区富士見町11番27号)

4.内容
  ●新しい飼い主さんの募集(当日は申し込みのみで、譲渡は行いません)
※猫はいない場合があります。

5.その他
  犬猫などペットの同伴はできません。
  会場には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
  譲渡会当日は、電話でのお問い合わせはできません。

  
 

【譲渡手続きの流れ】
(1) 飼いたいと思われる犬猫がいれば、譲渡申請書にご記入いただきます。(申請には要件があります。)
(2) ご自宅がペットを飼うのに適した場所かどうか確認するため、後日ご自宅にうかがいます。
(3) (2)に問題がなければ、犬猫をお引渡しします。
    この時に、飼い方や関係法令について説明を行います。(30分程度)

このページの上部へ戻る